×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出血性胃潰瘍

■出血性胃潰瘍
2011年5月にロックバンド・Dragon AshのボーカルのKjこと降谷建志が多発性出血性胃潰瘍の治療のため入院し、約1カ月の安静療養が必要とされたことがありました。
関係者によると、入院前に降谷は吐血しており、妻のタレント、MEGUMIも病院で寄り添ったが、命に別条がないことが判明し、胸をなで下ろしたという。

■出血性胃潰瘍とはどういうものなのか
胃潰瘍が進行すると胃の粘膜に穴が開き、胃の中の血管が破れ吐血することがあります。 これが出血性胃潰瘍です。

大量に吐血したり、タール便(出血した血液が黒く変性した状態で便として排泄されること)となるのが一般的のようです。
吐血の前は胃のあたりに鈍痛があったり胸焼けの症状があったりします。
吐血の後は貧血状態となり場合によっては輸血が必要になるほど重症の場合もあるようです。


>>胃潰瘍とははこちら
>>胃潰瘍の自覚症状は…はこちら
>>胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすい人は…はこちら
>>胃潰瘍の食事 はこちら
>>胃潰瘍の治療方法はこちら
>>胃潰瘍痕って?はこちら
>>胃潰瘍治療薬はこちら
>>乳酸菌で胃潰瘍予防!はこちら
>>胃潰瘍の原因ピロリ菌はこちら
>>出血性胃潰瘍はこちら

スポンサードリンク

Copyright © 2007 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -