×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃潰瘍痕って?

■胃潰瘍痕って?
先日胃カメラをした時に胃潰瘍痕がありその辺りの組織を採取され検査にまわしますと言われました。 どういうこと?と非常に心配になりました。

「穴が開いて塞がったあとがある」ということだよ。 と言われました。

胃潰瘍の治った痕ということですが、それを胃潰瘍瘢痕と言うみたいです。 潰瘍ができる際にはストレスなどがかかり攻撃因子が強くなり、胃粘膜に胃炎、胃潰瘍になることがあるようです。 胃潰瘍が小さく、自然に治癒した場合などに痕として残るようです。 痕は月日と共に小さくなっていくものの、消えないとのこと。。

潰瘍ができる原因は、胃酸過多、喫煙、早食いや脂肪過多等の食生活、精神的ストレス、ピロリ菌保菌などになるようです。 ちなみに胃潰瘍と胃癌は非常に良く似ているみたいです。

とにもかくにも下記を守って再び病気にならないように予防することが大事です。

・過労にならないよう、適当な休息をとる
・趣味を楽しむ等、ほっとする時間を作る
・睡眠時間をしっかりとる
・バランスの良い食事を規則正しくとる
・禁煙する
・お酒を飲みすぎない
・潰瘍治療薬をきちんと飲む(処方されている場合)


>>胃潰瘍とははこちら
>>胃潰瘍の自覚症状は…はこちら
>>胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすい人は…はこちら
>>胃潰瘍の食事 はこちら
>>胃潰瘍の治療方法はこちら
>>胃潰瘍痕って?はこちら
>>胃潰瘍治療薬はこちら
>>乳酸菌で胃潰瘍予防!はこちら
>>胃潰瘍の原因ピロリ菌はこちら
>>出血性胃潰瘍はこちら

スポンサードリンク

Copyright © 2007 サイト名 All rights reserved.
- テンプレートマジック -