×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃潰瘍の自覚症状は

一般症状・局所症状ともに胃潰瘍に特異的なものは無くほとんどが、口臭、げっぷ、悪心、もたれ感、 胸やけ、食欲不振、嘔吐、吐き気、体重減少、背部痛、吐血、下血になります。

90%以上の人が腹痛を訴え、そのほとんどが心窩部痛(みぞおち)に痛みを感じます。

胃潰瘍は食後に、十二指腸潰瘍は空腹時に腹痛が起こり食事をすると治まる症状が多くみられます。 また、高齢者では痛みを自覚しない場合もあるとされています。

・みぞおち辺りの腹痛
90%以上の人が腹痛を訴え、そのほとんどが心窩部痛(みぞおち)に痛みを感じます。胃潰瘍は食後に 痛み出す場合がほとんどとされます。 逆に空腹時に腹痛が起こり食事をすると治まる場合は、十二指腸潰瘍の症状の場合が多いとされていま す。

・嘔吐、吐き気、食欲不振、体重減少
胃潰瘍になり胃液が多く出すぎる状態になると胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こります。 そのため、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。

・吐血
出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因です。 吐血する場合は胃酸によってどす黒くなった血の場合が多く、鮮血の場合はあまりありません。

・下血
胃潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便になります。 この便を「タール便」と言いますが、下血の場合は自覚症状がない方は気づかないこともあります。 下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもあるため、大量に下血する場合は病院で検査が必要です。

・背中の痛み
膵臓(すいぞう)にまで炎症が及ぶと背中が痛むことがあるようです。

・酸っぱいゲップ・胸やけ
胃潰瘍になると、胃酸過多によって起こります。この症状は多くの方が経験しています。


>>胃潰瘍とははこちら
>>胃潰瘍の自覚症状は…はこちら
>>胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすい人は…はこちら
>>胃潰瘍の食事 はこちら
>>胃潰瘍の治療方法はこちら
>>胃潰瘍痕って?はこちら
>>胃潰瘍治療薬はこちら
>>乳酸菌で胃潰瘍予防!はこちら
>>胃潰瘍の原因ピロリ菌はこちら
>>出血性胃潰瘍はこちら

スポンサードリンク

Copyright © 2007 サイト名 All rights reserved.
- テンプレートマジック -