×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃潰瘍の治療方法

■生活習慣の改善
まず胃潰瘍という病気になるのは生活環境・状況に原因があることが多いようです。 精神的ストレスの原因がわかっている場合などはストレスを無くすような生活習慣の改善が必 要となります。

精神的ストレスを解消するための解消法を見つけ、規則正しい生活のリズムを作り上げること が治療の第一歩と言われています。

喫煙やアルコール・カフェインなどの嗜好物は胃の負担になることが明らかとなっており、通 院先ではこれらの嗜好品はほぼ間違いなくとめられるでしょう。

■食事療法
香辛料や高脂肪食、暴飲暴食などを控える必要があります。 食事は規則正しく取ることが慣用で、熱すぎず、冷たすぎない食事をとることも必要とされて います。食事については胃潰瘍の食事を参照。

■服薬の中止
糖尿病薬、抗生物質、降圧薬などの薬は胃潰瘍の発生に関係しているといわれています。 長期間何かしらの薬を服用している方は主治医に相談してみることをおすすめします。

■薬物療法
H2プロッカーと言う酸分泌抑制薬を使い胃潰瘍を治すという方法もあります。 画期的な薬ではありますが、根本的に生活習慣を変えるということを怠れば、また同じ症状に なってしまう可能性があります。薬剤療法は一時的に症状を軽くする為と割り切った使い方が 良いかもしれません。

■手術治療
・胃の幽門狭窄(胃の機能不全に陥っている)を起こしている場合
・再発・再燃を繰り返している場合
・輸血に反応しないような胃からの出血や、胃粘膜の穿孔がある場合
などは手術が必要と判断される場合があります。 手術は開腹手術や腹腔鏡手術が行われますが現在は腹腔鏡手術で行われることが多くなってき ているようです。

腹腔鏡手術では、腹部に開けた孔から、腹腔鏡(腹腔内を観察するための内視鏡)と手術器具 を挿入し、胃の内部を観察しながら治療します。


>>胃潰瘍とははこちら
>>胃潰瘍の自覚症状は…はこちら
>>胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりやすい人は…はこちら
>>胃潰瘍の食事 はこちら
>>胃潰瘍の治療方法はこちら
>>胃潰瘍痕って?はこちら
>>胃潰瘍治療薬はこちら
>>乳酸菌で胃潰瘍予防!はこちら
>>胃潰瘍の原因ピロリ菌はこちら
>>出血性胃潰瘍はこちら

スポンサードリンク

Copyright © 2007 サイト名 All rights reserved.
- テンプレートマジック -