×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃がんのステージと生存率

■胃がんのステージと生存率
胃がんの5年生存率は胃がん全体平均で約70%と言われています。
胃がんの5年生存率をステージにあわせて下記でご紹介します。

胃がんのステージと5年生存率
約95%(TA)
約80%〜87%(TB)
約60%〜65%(U)
約30%〜50%(VA,VB)
約6%〜16%(W)

N0 N1 N2 N3
T1 M胃の粘膜に限局している IA IB II IV
T1 SM胃の粘膜下層に達している IA IB II IV
T2 胃表面には出てないが筋層・漿膜まで達している IB II IIIA IV
T3 胃の表面には出ている II IIIA IIIB IV
T4 胃表面に出て他の臓器にも続いている IIIA IIIB IV IV
肝臓、肺、腹膜など遠くの臓器にも転移 IV IV IV IV

TAが最も早期の胃がんとなり、Wがもっとも進行した胃がんとなります。

胃がんの5年生存率は、早期に発見され適切な治療が実施された場合、非常に高い確率で治癒します。
そのため毎年の定期的な健康診断を欠かさないようにして、早期発見が可能な状況にしておきましょう。


Copyright © 2007 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -