×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃潰瘍と胃がん

■胃潰瘍と胃がん
胃がんとは胃の粘膜にできた悪性腫瘍のことを言います。
正常な胃粘膜細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つき、がん細胞へと突然変異したものがそう呼ばれるようです。

胃がんは年代で見てみると50代〜60代の男性に多くみられる癌です。
また、胃がんはがんの死亡の中では肺がんに次いで第2位と多い病気です。

■胃がんの症状
胃がんの症状はみぞおちの痛み、膨満感、吐き気、胸焼けなど、胃炎や胃潰瘍の症状に非常によく似ていると言われています。
初期症状はほとんどなく、胃がんの症状が出ているようであればかなり進行している可能性があると言われています。

原因は様々あると考えられていますが、偏食やヘビースモーカー、飲酒の量が多い、ピロリ菌、過剰ストレス、遺伝などが考えられています。

痛みが出るようであれば放っておかずに早めに通院することが重要です。
胃潰瘍も胃がんも早期発見が早期回復のイチバンの近道のようです。


Copyright © 2007 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -