×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃がんの手術

■胃がんの手術
がん細胞はそのまま放置しておくとどんどん増殖してしまうため手術で取り除くのが一番良い方法です。
胃がんの場合は胃を切除します。 胃を切除したとしても決定的なダメージは受けることはありませんが、切除部分が大きくなればなるほど体へのダメージは大きくなるといわれています。

胃がんの原因は人によって様々ですが、胃がんのリスクを高める原因となるものをいくつか下記に記載します。

手術によりがんを取り除くことが難しいと判断された場合には、抗がん剤による化学療法、放射線療法などを試すこともあります。

最近は医療機器の発達は目覚しいものがあり、早期の癌治療は内視鏡を第一選択としている施設も増えてきました。
一般によく用いられる手術は、胃の下部2/3を切除する幽門側胃切除術と、胃を全て切り取る胃全摘術があります。

幽門側胃切除術
幽門側胃切除術の対象は胃の中下部を中心とする進行癌です。
胃の周囲のリンパ節を含んだ組織を一塊として切除する手術で胃の手術の基本とされています。

胃全摘術
胃全体に癌が進行している場合は胃全摘術が行われます。
リンパ節転移の状態や、周囲の臓器への状況を見て膵臓や脾臓も合併切除することもあります。
以前は胃全摘術のあとの縫合不全が多く発生していたようですが、現在は縫合不全もほとんどおこらず安全な手術となっているようです。


Copyright © 2007 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の食事 All rights reserved.
- テンプレートマジック -